腰痛にならない体作り

代表的な腰痛で、急性腰痛症があります。簡単に言うと

ギックリ腰😩

ギックリ腰になる時は、意外にも重たい物を持った時よりも、軽い物を悪い姿勢で持ち上げた時に、ピキッ‼️ってなり激痛が走り身動きとれなくなると思います。こうなると、2、3日、長い場合1週間は痛みに耐えながら生活しなければなりません。このギックリ腰を早く治すには、痛いからと言い絶対安静すると意外に長引く傾向があるそうです。

早く治すには❗️

痛み止め、湿布などで対処しなるべく普段の生活をする事がベストです。これは、数人のギックリ腰患者を実験に協力してもらい出たその統計です。この場合、ギックリ腰いわゆる筋肉の損傷、筋膜の炎症の場合です。ギックリ腰だと思い、足の痺れ、疼痛の症状が出てる場合は、ギックリ腰ではなく、神経障害がある可能性がある為、前文で述べた、改善方法は効きませんので、病院に行く事をオススメします。😊

さて、腰痛にならない為、なりにくい体にする為何をすればいいのか❓

紹介します👍

1.筋トレ

2.柔軟体操

たったこの2つを実行するだけで、腰にかかる負担を軽減してくれます。筋トレは、腹筋、背筋、です。特別なアスリートじゃない限りごく一般的な、腹筋、背筋をオススメしますが腹筋に関しては、足を伸ばした仰向け状態よりも、足膝を曲げた腹筋がいいと思います。普通の腹筋は、回数を沢山すると腰の負担が大きく、腰を痛める原因になる可能性がありますから、最初のうちは足膝を曲げた状態無理せず回数を少なく、数セットに分けてするといいと思います。注意点は

呼吸❗️

無呼吸での腹筋、背筋はやめましょう。体を上げる時は息を吐き、下ろす時は息を吸いましょう。呼吸をする事で、しんどさも軽減されか下腹部のトレーニングも効率よく行えます。

柔軟体操👍

開脚、前屈、腰のひねり、上半身をひねり片を回すなどをしましょう。柔軟体操は、体が冷えてる時にする事は避けましょう。体が、温まり筋肉がほぐれてからすれば効果出やすいです。又お風呂上がりもオススメです。

以上のトレーニングを週3回オススメです。

大事な事は、継続

継続する事で、自然と体は反応してくれます。無理をせず継続する事が大切です。年齢を重ねると体は、硬くなり筋肉は落ちます。この事が腰に負担を招き、腰痛の原因となります。筋肉をつける事で腰の負担を軽減してあげる事が重要‼️

みなさん、腰痛に苦しむ前に事前に筋トレ、ストレッチを心がけましょう。無理をせず継続を目標に頑張ってください。

私は、若い頃筋トレに励んでました。その結果現在でも筋肉質な体型です。ギランバレー症候群になった時も、筋トレしてた為筋肉の回復が早かったです。主治医も感心してました。

筋トレしてて良かったと思います。

現在も無理をせず、マイペースに行うよう心がけてます。

みなさんも筋トレ、柔軟体操やって見て下さい。必ずいい効果が出るでしょう。

おわり☀️


にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください