微妙な検査結果

ギランバレー症候群で、入退院し1年後の血液検査の報告と診察の為大阪府高槻市の大学病院に🏥先日の地震で、もっとも被害があった地域です。😂

ギランバレー症候群は、入院治療した患者の症状の再発は極めて低いと言われてますが、これは、あくまでも統計的な数字の上で判断されてます。必ず個人差があるから信用できる数字ではありません。

2パーセントから5パーセントが再発の可能性

15パーセントから20パーセントが後遺症😂

この数値が、今回の血液検査の結果です。

ギランバレー患者に見られるGM交代の数値です。1.1で陽性‼️陽性になると指先が筋力低下の症状が出ると主治医に説明されました。私の今回の数値が微妙⤵️

退院して、半年後の数値は0.5 この数値はいいのですが、今回は0.8と前回と比べると上がってるんです。陽性の数値に近づいてるので微妙😵判定保留になってますが注意が必要です。主治医も、今後の通院を悩んでました。私は、主治医にもう通院は卒業したいと伝えましたが微妙な返事が返ってきました。結果、私の意思を尊重して下さり、通院を辞める事に了解してくれました。しかし、指先から症状が出て来た場合は、すぐ病院に来てくださいと温かいお言葉を頂き、とても有り難く思いました。これかも、あまり無理をせず体調を整えて生活する事を改めて考えさせられる一日でした。

現在も、酵素は続けてます。😊

酵素を飲む事で、体が楽な感じがするので飲み続けてます。

皆さんも健康管理に気をつけましょう〜

おわり✨

ご静聴ありがとうござます😙





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください