幸福顔と不幸顔の特徴

顔に表れる自分の性格、才能、特性を活かして人生を過ごしてる人は、人相学では幸せな人。逆に、顔が示す長所を生かせず短所を歩んでる人は不幸な人と言われてます。

幸福顔と不幸顔を見分けるポイントがあるそうです👏🔽

人相学では、幸せ、不幸せを未来に対して楽観的、悲観的かで判断しています。例え、現在不幸な人でも未来に対して楽観的になる事で、いずれ幸せに転換して行くそうです。

ポイント☝️1

自分の顔を愛して、自身を持って生きる事で自然と幸せ顔に近づいて行く。

口角が上がってる人は、自然と幸せを呼び込みます。😊

例えば、笑顔❗️

常に笑顔な人は、口角があがり幸せそうに見え、口角が下がってる人は不幸そうに見えます。この事から、口角の上下は幸せになる為深い関係があると言えます。

口角が、下がってる人は客観的に暗く見られてしまい、仕事、日常生活においても損をしてしまいがちです。その為、チャンスを逃してしまう傾向がありますから口角を上げる事を意識して、明るい未来を引き寄せましょう👌

ポイント☝️2

顔の左右のバランスが、現在抱えてる悩みを示してくれてる。

一般的に

右脳は、私生活で使う脳

左脳は、仕事上で使う脳

これが、交差し顔の右半分に仕事上の自分が、左半分に私生活の自分が表れると言われてます。

日常的に、鏡で顔を見て左右がアンバランスな場合は、ストレスを解消して上げて下さい😊

ポイント☝️3

目の状態で、ストレスの度合いがわかります。

三白眼

さんぱくがん👀

三白眼は、人間のストレス状態をはかる指標です

黒目の部分が小さく、白目の部分が多い事を表し、黒目の部分が上方向にあり白い部分が広い事で、左右対称にも表れます。

睡眠、運動などリラックスできる時間を意識的に作る事が効果的です。三白眼の状態で放置しておくと視力低下の原因にもなります。

人相科学 パーソノロジーの歴史✋️


紀元前の、中国最古の歴史書である 史記により春秋時代の晋の政治家、人相見の名人に自分の子供のなかから、将軍になれる人相を鑑定してもらったと記されています。その後、古代エジプトに研究が伝播し、ギリシャ、ヨーロッパへと受け継がれていったそうです。

1920年代のアメリカでは、裁判所の判事が犯罪者の顔を観察し、被告人がどのような罪を犯したのかを顔を見るだけで、高い確率で推測が出来るようになり、人相学は広く現代でも活用されてます。人相科学はデータが蓄積されていき、精度が向上してます。👏



終わり⭐️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください