自己免疫疾患で激しい胃痛❓

自己免疫疾患とは、免疫系の病気です。正常な自分の体を自分で攻撃してしまう恐ろしい病気です。この病気を確定診断するには特殊な血液検査をし、免疫の一種である抗体の量でわかると言われてます。

最近、テレビ📺を見てた時チャンネルを変えてみると医学のテレビを放送してました。

たけしの家庭の医学

70歳手前の男性が1年間、原因不明の激しい胃痛に悩まされて生きる気力も無くなってしまった体験談です。

この男性は、数ヶ所の病院で診察をしてもらいましたが、何処の病院🏥でも

萎縮性胃炎の診断

この病気と診断された為、この病気を克服する為のお薬を医師から処方されましたが全く効果がありません。逆に症状は激しくなり精神的にも限界に追い詰められました。自営の仕事も休み、毎日病気と闘う日々を奥さんが献身的に支えてくれた結果、1つの希望が見えたのです。👏

奥さんは、友人、お店のお客さん、親戚などから、男性の病気の原因を徹底的にに調べてくれる優秀な医師の情報を入手しコンタクトを取ることに成功したのです。奥さんは、ひにひに弱って行く旦那さんを凄く心配してました。⤵️予約を取り、診察を受けました。

その医師は、男性からの問診、他の病院の診断から2種類の病気の可能性から絞り始めました。

萎縮性胃炎

自己免疫疾患

問診や、胃カメラの結果から見て原因が萎縮性胃炎による激しい胃痛では無い確率が高くなったのです。

そこで、医師は奥さんに日常の生活で旦那さんの事で、気づいた事があればなんでも教えてください❗️と問いかけました。

今までの医師とは、ココが違ったのです。

奥さんは、あまり気にしてなかった事を医師に話しました。

最近白髪が急激に増えた。

顔色が真っ青になる時があった。

奥さんは、病気とは関係ないと思ってたらしい。

しかし、医師は奥さんのこの話しから1つの可能性を考えたのです。医師は、もう一度胃カメラ検査をさせてほしいとお願いしました。医師は、胃カメラ検査を再度する事で通常の萎縮性胃炎では無い胃の状態を見つけたのです。これにより医師が考えてた自己免疫疾患による胃痛の可能性が高くなったのです。医師は、確定診断する為もう一つの検査をさせてほしいとお願いしました。

血液検査

この検査で、抗体を調べたのです‼️

検査の結果、自己免疫疾患と確定診断されました。👏

まさか、胃痛が自己免疫疾患からきてたとは、わからないものです。それから1年、男性は病気を克服し、元気な姿で奥さんと日々の生活を楽しんでた画像がとても良かったな〜と思いました。

私も、ギランバレーで数ヶ所の病院を回り原因不明と診断された経験があるので、患者側の気持ちがわかります。そうゆう立場になると、病気を克服する事より原因を知りたいという気持ちの方が強くなるものです。この男性、奥さんに感謝ですね😊

ご静聴ありがとうございます🖐

おわり🐶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください