京丹後市でまさか1人だけのギランバレー症候群

京都市内から、京丹後市に帰ってきて半年が経ちました。色々な人と出会う機会がありますが、私を見て誰もギランバレー症候群患者とは、気づきません。見た目は、何処から見ても健康体に見えるようです。しかし、体の中には、後遺症と思える症状が残ってます。

左足の痺れ、左手の痺れ24時間ずっと痺れてる状態がもう3年いや4年目かな❓😁あまり気にしないようにしてます。何かに集中してる時は、気になりませんが、くつろいでいる時は、ビンビン、ジリジリ痺れを感じてます。月日が経つにつれて症状が回復するだろ〜って思ってたら、あっという間に現在に至り4年目😩少しづつ回復すると思っていたのに、4年前と変わらない症状。主治医に以前聞いたところ、徐々に回復するでしょうと言ってたような気がしますが、中々手強いギランバレーです。😅

京丹後市でギランバレー症候群患者聞いた事ないんです。☝️

ホンマ、珍しい病気にかかったものです。この確率の幸運が、お金に関する方に現れてくれてたらと思ってます。😙でもいいんです。そんなにうまく行く訳ありませんよね〜

小さな事からコツコツと‼️

この精神で、毎日の生活を充実させるよう努力するよう心がけてます。私は、幼い頃から沢山の病気、手術をしてますが何故か今のところ命があります。早死にする運命の人は、ちょっとした、交通事故や病気で亡くなります。不思議で仕方ありません。生かされる運命の人は、大事故、大病をしても生きてます。皆さんの回りにもそうゆう人がいると思います。運命ってわからない⤴️

そんな事を、時々思います。きっと私も生かされているんだと思います。神様が、私にまだあなたには、しなければならない事があるよって言ってるんだろうなって思ってるんです。だから、自分が出来る事は全て全力で立ち向かい時間を大切にする生活を心がけてます。

皆さんも時間を大切に使う生活を心がけてください。

私は、ギランバレー症候群になったからこそ現在の考えが出来るようになりました。本当は、もっと早く気づいておけば良かったんでしょうが、過去の健康体の私にはそんな考えは一切なかった。気づかせて頂き感謝です。🙏これからも、小さな事からコツコツと精神で頑張りまーす。

ご静聴ありがとうございます🙏

おわり🎣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください