舟釣でのアクシデント

海へ舟釣😊その日は、とても良い釣日和

波は全くなく、潮は流れてると船長が言ってました。船長は、私の同級生

船長の舟の写真をブログに載せてる事を伝えたら、舟の名前が出てない‼️とクレームを頂きました。😁ご要望にお応えする為、今回は舟の名前を載せます。⤴️

focus⚓️

この舟で、遊漁船を営業してます。

遊漁船とは、お客様を乗せ海の沖へ行き魚の釣れるポイントでお客様に釣りを楽しんでもらう仕事です。魚釣りの趣味がある方、京丹後に来て釣りをしたいと考えてるなら、focusをご利用下さい。詳しく知りたい方は、ブログにコメント下されば、focusの船長へ問い合わせて頂きますので。お任せ下さい。🐟

と言う事で、本題に入ります。

アクシデントとは、なんとも珍しい事が起きたのです。その日は、三人で釣りをしてました。船長、私、お客様の三人です。

お客様は、舟の後方

私は、右サイド

船長は、左サイド

水深70メートルぐらいの場所で、重りを付け、ルアーでの釣りです。😊

私が釣りをしてると、竿先に

コン、コンコン

当たりが来たんです‼️その当たりに合わせ竿をシャクリました。そうするとグググっと強い引きがきたんです。その引きは、とても強くリールが負けないぐらいだったのです。船長と、お客様は私の竿の曲がり具合を見て、これは大物だ❗️必ず50オーバーはあるよ👍みんなテンションは最高調

糸が緩んだ瞬間、リールを巻く作業をしてると、なぜか、真向かいで釣りをしてる船長が俺もキタ〜❗️と竿をシャくると私の竿の引きも凄い引き。

そんな事をしてると、私の糸が切れてしまいました。⤵️

船長は、順調よくリールを巻き続けてましたが途中から、全く引かない魚🐟に不思議。

船長が最終、舟までリールを巻き上げると魚の姿は何処を見てもない。その時船長が、アッ‼️なんか、糸が引っかかって来てる

そうなんです😂

実は、私の切れた糸が船長の糸についてたんです。お互いのの大物の正体がわかりました。

爆笑😙

両サイドで釣り🎣をしてた2人の糸は、舟の下で絡まってたんです。そして、1人か竿をシャくる事で、真向かいにいるもう1人の竿先に、強い当たりが来てたんです。当然です。2人の糸は、繋がってたから。笑

なんと、珍しい出来事。

吉本新喜劇みたいな、笑い話

そんな感じで、釣りを楽しんでました、釣果は、50オーバーの鯛、ヨネズ、青ハタ、メバル、ガナ等.20匹ぐらいで良かったです。👏

釣りを終わり堤防に戻ると、ウミネコが並んでお迎えしてました。笑

なんと珍しい光景👍

天気も良かったので、日焼けバリバリ真っ黒😁

そんな感じで楽しい一日を過ごしました。

おわり⭐️

ご静聴ありがとうございます🙏


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください