抗体って何❓

ギランバレー症候群で入院した時にも抗体って言葉んよく聞きましたが、今日本で問題になってるコロナでも抗体って言葉を耳にします。

抗体の働き

おわり🐶

抗体は、簡単に言うと体内に住む司令塔です。怪しいウィルス、病原体が進入してきたら部下に指令をし退治させてくれる働きをしてくれてます。一度侵入してきたウィルスには抗体は、覚えていて即座に退治してくれるのです。👍その為現在日本で、問題になっているコロナに関しても、陽性患者が完治した場合コロナにたいする抗体が出来ているから、再発はないと考えられてますが、完璧ではないと今もなお実験中です。しかし、私がギランバレーで入院してた時、私の主治医もギランバレーの再発は極めて低いと言ってました。先生何故ですか❓と聞くと抗体が出来てるからと言ってた記憶があります👏😊ギランバレーは、免疫疾患の部類で自己免疫疾患と言う特殊な疾患です。自分の免疫システムが自己の細胞を攻撃してしまう病気です。免疫の働きの中には2つの種類のシステムがあるようです。1つは、抗体が主役の免疫システム。もう一つは、抗体以外の細胞で構成システムです。いずれにしろ、ウィルス感染に重要なのは、免疫機能を活性化させ、免疫を低下させない事です。免疫機能の低下は、抗体を作ることにも重大な影響を及ぼすようです。食生活の改善、適度な運動、酵素を外部から取り入れ免疫細胞に栄養を与えてあげましょう。それが抗体に繋がってくるわけです。⤴️酵素は、自身の体内で作られるのには限られてますので外部から取り入れてあげなければなりません。一般的に、生もので、キノコ、発酵食品です。酵素は、熱に弱く50度から70度の熱で消滅されてしまうので注意‼️です。ジャンクフード等の過剰摂取は、免疫低下に繋がりますので気をつけましょう。適度にね。コロナに感染しても重症にならないため免疫低下にならない食生活を心がけましょう🐶

おわり🐶🖐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください