子供達の空手指導

又近々、子供達の空手試合があります。試合には、組手、形とありますが今回は組手試合に出ます。京丹後の子供達のレベルは京都市内の子供達と比べたら少し落ちてると思うのが私の考えで、確かに空手人口の割合からすると納得出来る部分もあります。

しかし、そんな環境の中でもやるからには全国レベルの選手に育ってほしいと思います。現在私の道場には、全国レベルの選手が2人いますが、他の子供達にもそのレベルに近づいてほしい。競技空手は、東京オリンピックに向けて少しずつメディアに取り上げてもらえるようになったため、子供達の親達も熱心になってきてるように思います。親達が子供の練習に無関心では、子供の上達は余り期待できません。例外はありますが統計的にそうです。試合に勝ち優秀な成績を残し、有名高校、有名大学に入れれば子供達にも将来の選択肢が広がり人生に目標が持てると私は思います。私の道場に見学に来てる親達も、そのような希望を持っている見たいです。

その為に、私達指導者は強い選手に育ててあげる使命があると考えてます。

しかし、小学生、中学生の子供達を指導するのは難しいです😊

技を教えてあげても中々自分の技として使える事ができないんです。まして試合になるとなおさら😅最近、子供達に色々な技をなるべく沢山指導してます。そうする事で、色々な技を吸収できるからです。特に子供は吸収が早いからです。しかし、技ばかりが先走りし自分が自由自在に使える事ができないんです。そこで大切なのが

基本の突き、蹴り、立ち方

この基本がしっかり出来てなければ、技を自分のものには出来ません。少し前から、基本を徹底的に見直してあげてます。基本が、しっかり出来てる子供達は、高度な技を教えてもすぐ習得できますが、基本が中途半端な子は高度な技を教えても中途半端。そんな中途半端な子が試合でいい結果が出るわけがありません。しかし、そんな子でも試合に負ければ悔し涙を流してます。そういう子には、私ははっきりと試合後に言ってあげます。

基本をもっとしっかりしないと上のレベルでは勝てないぞ‼️

子供達もわかってるようですが、道場で団体練習になるとサボってしまう。😉

試合で負けた悔しさはどこへやら〜

その子供達の中でも、自分自身やる気をだして真剣に取り組んでる子は上達が早いです。おのずと試合に出ても予想以上の高成績を取るほどに成長してます。子供達は、やる気を出し継続する事さえできればすぐ変わります。勉強でも一緒、社会に出ても一緒

努力❗️継続❗️

これを成し遂げれば、結果は必ず付いてきます。私の経験からも言えます。

子供達のやる気を出してあげるのに親の協力は大切です。親が協力してあげない子供には、楽しさ、達成感、やる気に欠けます。やはり、子供がしてる事に共感し相談にのりアドバイスしてあげてほしいです。私の道場の数人の親達は、練習の送迎、そして練習中は道場に入り自分の子供の練習を最後まで見学し、帰宅時は、会話をしとても協力してくれてる親達もおられます。家庭の事情でそこまで出来ない親もおられると思いますが、そこは、子供の為に親が工夫してあげてほしいです。子供は、幼い時の親の対応は社会人になっても覚えてます。子供が社会人になってから幼少期もっとこうしてあげれば良かった等後悔するはめになるんです。幼少期は無理してでも子供と向き合った生活をしてあげてほしいと言うのが私の考えです。

最近、試合前になると自主的に中学生が先頭に立ち、練習日以外の日に練習するようになりました。

とてもいい⤴️

私が、中学、高校の時も自主でみんなを集めて練習してました。そういう行動が試合に必ず結果としてでます。

生徒のみなさん頑張れ〜

悔いのない練習をして下さい🤩

私も全力で指導します🤛

おわり🥋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください