健康生ジュースの基礎知識を紹介

野菜ジュースは、市販の物もいいですがやはりジューサーにかけて作った方が栄養価は多いです。ジューサーに野菜、果物を入れれば出来上がり👍なんて単純な物ではありません。知識を持って生ジュース作りをしなければ、せっかくの栄養を吸収出来ずに、飲んでしまう。

とても勿体ない限りです。今回基本的な、知識を紹介しますので、参考にして下さい😙

材料は、鮮度のいいもの🍅

野菜や、果物は採れたての時は栄養価も高いです。しかし日が経つと味がおち栄養価も低下していきます。買ってきた野菜、果物を冷蔵庫に保存し後日調理する事は間違いで、冷蔵庫に入れても、品質、栄養価は低下していくのです。

材料は、その季節の旬のものがいい🌞

旬の野菜、果物は栄養が多くて美味しいです。そして値段も安いので、率先して買いましょう。又、夏に採れる野菜は体を冷やす効果があるものもあり、冬に採れる野菜は体を温めてくれる効果があるものもあるので利用しなければ勿体ないです。

材料は、できるだけ低、無農薬野菜🥦

普通の野菜、果物は農薬が残ってるため皮をむいて食べるのが一般的です。しかし、この皮と、実の間にビタミンを始めたくさんの栄養が含まれています。この栄養をより多く取り入れる為、農薬を使ってない低、無農薬野菜が心配なく、皮ごと調理できますからオススメです👍

値段は、少し高いですが体の事を考えれば、そこで節約しても意味がありません。😙

体が資本です❗️

体が悪くなれば、病院代にお金は必要とされます。病気にならない体作りにお金を使いましょう。

材料は、冷たくして使う❄️

生ジュースは、冷やした方が美味しく頂けますから、調理する前にあらかじめ冷蔵庫で冷やして調理すれば、氷を入れなくても美味しく頂けます。😊

材料は、よく水で洗いましょう👀

生ジュースは、野菜、果物を生で食べるのと同じですから、虫、汚れ、ワックス、防カビ剤、農薬などが付着してますから、作り前に水でしっかりと洗いましょうね。

ただし、ビタミンcなどの水溶性のビタミンを多く含むものは洗い方に注意が必要です。

貯めた水の中で洗うのは、栄養が低下していくので、流水が基本です。

材料の準備に手抜きをしない☝️

無農薬野菜でない、野菜、果物は必ず皮をむいて使うのは常識ですが、あらかじめ適当な大きさにカットし分けておく事が大切。又、グレープフルーツや、夏みかんなどは皮だけでなく、薄皮も取ると苦味もなく美味しく頂けます。

手早く作る🔪

生ジュースは、材料を準備し手早く作る事が大切です。野菜や果物にビタミン類の中には、空気に触れるだけで酸化します。

白砂糖は、入れない☝️


白砂糖は、体内で多量のビタミンB1.B2、カルシウムなどを必要とするため、せっかく補給した、ビタミン、ミネラルを損失することになります。

ハチミツ、オリゴ糖、黒砂糖がベスト❗️

ハチミツやオリゴ糖は、ビタミンもミネラルも含んでる為、生ジュースの栄養分を損なう事はありませんが、カロリーが高くなる為分量に注意しましょう😅

組み合わせを工夫する👍

自分なりの、オリジナルを作りましょう。ただし、ニンジン、カボチャ、キュウリなどにはアスコルビナーゼ‼️と言うビタミンcを破壊する酵素が含まれている為、ビタミンcの多いものと合わせる場合は、必ずレモン汁や酢を加えること、又、パイナップル、キウイ、メロン、パパイアなどは、タンパク質分解酵素の働きが強いので、牛乳などの乳製品と合わせると苦味が出ることがあるので、覚えておきましょう😊

作りたてを飲む🍹

生ジュースは、作りたてが美味しくて栄養価も高いので、作りたてを30分以内が好ましいです。たくさん作ったから、作り置きをしるのはやめましょう👌分量を考えて作る事😩

以上が、生ジュースを作る為の基礎知識です。

参考にして下さい👏

ご静聴ありがとうございます🙏

おわり〜⭐️

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください