ギランバレー症候群に効果ある食生活

ギランバレー症候群は、末梢神経に障害が起こる病気です。脳と脊髄が中枢神経で、そこから枝別れになってる神経が末梢神経です。末梢神経は、運動神経、感覚神経、自律神経からなります。

末梢神経に、障害が生じると手足に力が入らない、痺れ痛み、脱力の症状がでます。私の場合、24時間痺れ、筋力低下、痛みがありました。ピーク時は突然呼吸が苦しくなり立ってられなくなりました。それは仕事中にピークが来たんです。仕事で車の運転をしてた時、車の振動が背中に‼️痛みのあまり背筋を伸ばす事が出来ず、ハンドルにもたれながらも運転してましたが、道路の少しの段差で背中から胸に激痛が走りました。我慢、我慢負けへんぞ😂と思い走行してましたが、限界がきてハンドルが握れなくなった。車を止めて、しゃがみ込みました。少しでも背筋を伸ばそうとすると、全身が痛くて力が入らない。しゃがみ込み安静にしてる事が精一杯でした。これ程痛みは初めてでした。以前から、手足の痺れ、握力の低下、腕の激痛はあったが、今まで以上の痛みでした。この症状から徐々に症状が悪化してた事を記憶してます⤵️現在は、後遺症が残ってますが少しずつ回復してます🤗👏

食生活が大事

私は、ギランバレーにかかり食生活が健康に凄く大切だと思わされました。野菜、果物なんて食べなくても大丈夫。人間は、ご飯さえ食べてたら大きな病気にはならないと思ってましたが、全くの間違いでした。人間の体は、沢山の細胞が成り立ってます。細胞には、必要な栄養素を提供してあげなければその細胞は、ベストな仕事が出来ません。その結果、体の機能が低下し、感染症、癌、骨折、目、耳、など様々な症状、病気と悪循環になります。

ギランバレーに効果的な栄養素☝️

病気にならない体を作るには、細胞に必要な栄養素を取り入れてあげれば良いんです。

ギランバレーには、ビタミンB1、ビタミン12、ポリフェノールが良いそうです。


ビタミン1、豚ヒレ肉、強化米、うなぎ、豆類が代表的に知られてます。

ビタミン12、あさり、かき、レバー、さんま、牛乳などがあります。

ポリフェノール、赤ワイン、なす、ブルーベリーなど。イソフラボンも、ポリフェノールの一種です。

私的には、酵素もかなり良いと思います🤗



上記の、ビタミン1、ビタミン12は医学的に証明されてるギランバレー患者にはオススメ栄養素です。又、これらの栄養素を取り入れた食事をし、バランスの取れた食生活が効果的だそうです☝️

注意✋️

タバコ、お酒は控えめに😁

太り過ぎも、症状回復に大きな影響を及ぼすと言われてる為、気をつけて下さい。

参考にしてください。👍

ご静聴ありがとうございます🙏

観葉植物は、部屋に置いておくと癒されますね。

 

おわり〜🐶

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください