コンドロイチン硫酸ってなんなんだ

ネバネバ系の食材に含まれてるらしいです。植物性、動物性を問わずネバネバしたものに少量含まれてます。体内での効率は動物性の方が高く、含有量はそれ程多くないんです。☝️

コンドロイチン硫酸の体内での作用


健康な体の基礎を作る

栄養分の、消化、吸収、代謝を促進する

骨の成長を促し、骨粗鬆症を予防してくれる

動脈硬化、高血圧を予防する

関節、靭帯などの弾力、円滑化する

肌を若がえさせる

目の角膜、水晶体に作用し透明感や弾力性を保つ

細胞の増殖を促し、精子を増殖させる

意外に優れたコンドロイチン硫酸👌

体細胞が正常に生存できる多様な生理作用を持ってます❗️

コンドロイチンは、軟骨と言う意味のギリシャ語で19世紀、動物の軟骨の研究から名付けられた。コンドロイチンは若い成長期には体内で生成されるが、〈年齢を重ねると産生されにくくなり、欠乏症、皮膚のみずみずしさ、ハリが失われ老人生カサカサ肌やシワの原因〉になっりするから外部から取り入れなければならないんです。

幅広く医薬品に利用されてます🔽

動脈硬化、代謝異常、腎疾患、難聴、炎症などの薬理効果も報告されているようです。日本では、腎炎、ネフローゼ、リウマチ、神経痛、腰痛、五十肩、肩コリ、夜尿症、眼疾患、脱毛症などを適応症とする医薬品に使われてます🤗

老化防止や、健康維持のためにイロイロな健康食品が開発されてます。その原料には、サメの軟骨、牛の軟骨が使われてるんです。

よくぞ開発してくれました。👏

コンドロイチン硫酸を多く含む食品紹介☝️

1 納豆

2 山のいも

3 オクラ

4 なめこ

5 海藻

6 フカヒレ

7 スッポン

コンドロイチン硫酸は、こんな人にオススメです。✋️

動脈硬化の心配がある人、神経痛、肩コリや腰痛、目、髪、肌の老化が気になる人です。

栄養バランスの取れた食事をすることが

健康の第一歩👏

その為に、栄養成分の知識を持つ事は大切だと思います。近年は、若い人が突然孤独死するケースもでてます。数年前まで、心不全はお年寄りがかかる病気のイメージがありましたが。近年は若い人が心不全で亡くなる事が出て来ています。日々の食生活から、その原因はきてると考えられてます。食生活にはメリハリを付け、不摂生をした後の食生活には気をつけましょう😙

終わりでーす⭐️🙏


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください