女性に多い病気リスト

貧血

顔色が悪い、疲れやすい、動機、立ちくらみの症状

貧血に効く栄養成分☝️

鉄、ビタミン12.6.E、葉酸、カゼイン、マグネシウム、亜鉛、マンガンです。

鉄の吸収をよくするには、酢やビタミンCが効果的でカレー粉などの香幸料も😊

又、コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるタンニンは鉄の吸収を低下させるので、食事中や食後すぐには飲まないのが望ましいです。

月経前症候群

生理の前になると、顔がむくみ体重が増えたような気がする。下腹部に痛みがある、気分が落ち着かずイライラして感情的になる。などの症状を総称して月経前症候群と言う。

原因

ホルモンバランスの異常、ビタミンB6とマグネシウムの欠乏、低血糖、子宮への血行が悪くて充分な酸素が送れないなどがあげられてます。

月経前症候群に効く栄養成分☝️

マグネシウム、ビタミンB6.E、亜鉛

参考情報✋️

マグネシウムは体に水がたまりすぎるのを防ぎ、ビタミンB群の効率をよくして神経を鎮め、子宮の収縮をゆるめるとされ、又ビタミンB6はマグネシウムの吸収率を高めてくれます。

肩こり、冷え性

原因は、はっきりしないが自立神経失調とされる多い症状。全身の血液の循環をよくする事がオススメです。

肩こり、冷え性に効く栄養成分☝️

カリウム、ビタミンB群、C.E

更年期の不調

閉経前後の45歳から54歳を更年期といいます。性の成熟期から老年期への移行期に当たります。更年期には、エストロゲンという卵胞ホルモンが分泌しなくなり、他のホルモンとのバランスが崩れることが原因⤵️さまざまな不調があらわれます。体が熱くなる、汗をかく、顔がほてる、動悸がする、頭が重い、めまい、耳鳴り、不眠、肩こり、腰痛などの症状がありますが、多くの場合、1つの症状ではなく数種類重なる傾向があります。又症状が重い場合と、ほとんど気付かず過ごしてしまう場合もあり、人によって更年期は違います。あまり症状がひどい場合は、ホルモン治療が行われます。副作用の心配も必要です。必ず消失する不調ですから、肥満を避け、バランスのいい食生活、適度な運動が健康維持になります。

更年期の不調に効く栄養成分☝️

ビタミンB1.B2.E、カルシウム、鉄、亜鉛、セレン

骨粗鬆症

骨量が減少して、骨折しやすい状態をいいます。50歳以上の女性に多い⤵️年齢とともに増加している。閉経後、卵胞ホルモンが減少すると、ホルモンが持っていた骨の保護作用がなくなり骨がもろくなります。

原因

日光不足、カルシウム不足、運動不足があげられます。毎日の軽い運動、カルシウム、タンパク質を上手に取ることが予防になります。

骨粗鬆症に効く栄養成分☝️

カゼインホスホペプチド、カルシウム、ビタミンD、アミノ酸、鉄、亜鉛、ラクトース、βカロチン

オススメ情報😁

1日600mgのカルシウムが必要とされてますが更年期以降は、1gを目標❗️

タンパク質は、過剰摂取すると尿に排出される量が増えるので注意が必要です。又、不足するとカルシウムの吸収が悪くなるので気をつけましょう。

おわり〜✋️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください